骨盤矯正で腰痛に効果があった

私の腰痛はさまざまな要因があるようです。

その一つが骨盤の歪みです。



長年、デスクワークをしてきていて、徐々に骨盤が歪んできたように思います。

以前から、自分の姿勢が良くないことが分かっていたのですが、どうしても楽な姿勢になりがちで、さらに姿勢が悪くなっていきました。



現在はかなり姿勢が改善したと思いますが、腰痛の症状が軽減しただけではなく、性格も変わったように思います。

骨盤が歪んでいると、どうしても前かがみになってしまい、ネガティブな思考になってしまうようです。



気持ちの問題なので、体とはあまり関係がないと思っていました。

ですが、メンタル改善には体の歪みを治していくことが重要なようです。



私の場合、お尻が平らになっていました。

骨盤が前に出すぎている状態だったので、それを強制するために、なるべく骨盤を立たせるようにしました。



これに気が付いたのは腰痛がかなり酷く、何をやっても治らないかった時です。

入浴中にふとこれに気が付き、試しに骨盤矯正をやってみたら、腰痛が治って行きました。



それからは意識をして、骨盤矯正をしていったことで、腰痛の頻度がかなり減って行きました。

また、脚のむくみも減り、サイズダウンをすることができました。

 
カテゴリー: 骨盤矯正

デスクワークによる腰痛で困ったこと

私はパソコンをするため同じ姿勢でいることが多く、いつの間にか椅子から立ち上がろうとすると腰の部分に強い刺激が発生するようになりました。原因を確かめてみるとやはり運動不足であり、その後は体を頻繁にひねり背筋を伸ばすことを心がけたものです。しかし、意識して治さないと日常生活に支障をきたし、寝るときも激しい痛みを伴うようになって困りました。デスクワークは椅子に座る姿勢が重要で、深く腰をかけて背筋を伸ばすようにすれば猫背を改善できて良かったです。

デスクワークによる腰痛は歩くときに痛みが発生し、顔をしかめやすくなるほど強くて困りました。しかし、腰の部分を揉むようにすると血行が良くなりますが、しばらくするとお腹の部分が張ってしまうため難しいものです。腰痛は意識をして治さないと年齢とともに治りにくく、パソコンを頻繁に使う場合は注意すべきだと実感しました。デスクワークは集中しやすく他のことをおろそかにしがちですが、腰の痛みが強いと困るため注意しないといけないと思っています。
カテゴリー: 腰痛

骨盤矯正で腰が軽くなりお腹もスッキリ

デスクワーク中心の生活をしているためか、慢性的な腰痛に苦しんでいました。お腹もぽっこりと出っ張っている状態で、スタイルの悪さにもうんざりしていたんです。特に腰痛が気になっていたので駅前にある整体院に通い、先生に見てもらったところ、骨盤の歪みが関係していると説明してくれました。ただ骨盤自体が悪いのではなく、その周囲の筋肉がこわばっているせいで、腰に違和感を持ってしまうとのことです。椅子に長時間座りっぱなしで運動不足気味でしたし、筋肉が衰えてしまうのも納得できると思いました。そこで骨盤矯正の施術を受けることになりましたが、先生のやり方はとても丁寧で、施術中にほとんど痛みを感じることがありません。施術が終わった後は腰がふんわり浮きそうなほど、軽くなります。骨盤矯正の施術を根気よく続けた結果、腰の痛くなる日が少なくなりました。ぽっこりお腹もやや引っ込んでくれて、とても調子が良いです。良い整体院に出会うことができてラッキーだったと思います。
カテゴリー: 骨盤矯正

ゆがみ解消のためにヨガ

体のゆがみを直したくてヨガをやっています。ゆがみ解消ヨガというクラスを見つけたので参加をしてみました。

そのクラスでは体のチェックがあるのですが、私は「ひどい」といわれてしまいました。あまりにもゆがみ過ぎていたようです。ゆがんでいるとは自覚をしていたのですが、そこまでひどいとは思いませんでした。

ヨガでは左右同じ動きを行うのですが、ゆがみ解消のためにはやりにくい方またはやりやすい方、どちらか一方を多く行います。やりにくい方がいいのか、やりやすい方がいいのかは、先生によって考え方がいろいろあるようです。

ヨガのレッスンの次の日には筋肉痛になります。普段筋肉をあまり使っていなくて、筋肉が少ないのでしょう。

ヨガを行うことで筋肉はついてきたようですが、ゆがみはまだ解消されていません。クラスでヨガをやるだけでなく、自宅でも普段からヨガを行わないとゆがみは解消できないのだと思います。もう少し真面目にヨガをやりたいと思います。
カテゴリー: 腰痛

腰痛改善クッションを利用しています

仕事はデスクワークなので、どうしてもパソコンを使って作業をしていると前屈みになり、自然と猫背になるし、腰痛になっていたので日常生活も苦痛に感じるようになっていました。どうにかして腰痛を改善したいなぁと思うようになり、同僚と話していたら腰痛クッションを同僚は使っているようで、かなり腰への負担が軽減され、立ち上がる時の腰の痛みも改善されたのがわかる!と言っていたので、腰痛クッションを通販サイトで購入することにしました。腰痛クッションは座るとフィットして、いい感じで体に馴染んでいくのは心地よく感じます。やはり腰への負担を軽減できるし、仕事している時はずっと座っているため、こうした腰痛クッションを利用することで1日の大半をカバーすることができ、痛みが改善されるようになったと感じたのは使用して1ヶ月後くらいだったので、体の変化がわかるようになったのは嬉しいです。腰痛改善にクッションを購入して役立っています。
カテゴリー: 腰痛

腰痛を回避するためのトレーニング

腰痛を回避するために、毎日簡単なトレーニングを行っています。それは腹筋と体幹を鍛えるトレーニングです。まず腹筋ですが、床に仰向けになって寝そべり、足をまっすぐに伸ばします。その状態で膝を胸の方向へ移動させる運動を行っています。そして体幹トレーニングですが、これは片足立ちがメインとなります。本来なら片足で立ったまま上体を動かすのですが、自分の場合はあまり派手に動かすと腰に違和感を感じてしまいます。そのためバランスを取りながら両腕を広げたり、膝を曲げたりするなどして体幹を鍛えています。

どちらのトレーニングも最初のうちは非常にきつく感じましたが、今ではそれなりに筋肉が付いてきました。しかし注意して行わなければ腰を痛めてしまう動きになることもあります。そのため疲れているときや、怪我をしているときなどは行わないようにしています。トレーニングの効果もあり、最近では腰痛に悩まされることが少なくなりました。
カテゴリー: 腰痛

睡眠時に腰痛が起こることもある

睡眠時の腰痛対策として、マットレスなどの寝具が注目されています。

私も腰痛になってからは高反発のマットレスを使用するようになりました。



さらに腰痛対策として、就寝時に腰にバスタオルを巻いたものを置いて眠ることもありました。

これは以前勤めていた職場の人がやっていたことで、効果を実感できました。



ある時、バスタオルではなく、小さな枕を腰の下に置いて眠ったことがありました。

すると、真夜中に背中の痛さで目が覚めてしまいました。



どうやら枕の少し硬い部分が背中に当たっていたようです。

その痛みがしばらく続き、やはり柔らかいものでないといけないのだと改めて思いました。



それ以降は腰に何かを入れて寝ることは無くなりました。

就寝時に腰痛やそれに関する体の痛みが起こってしまうことがあります。



寝る時の体の向きや位置なども大きく関係しているようです。

質の良い睡眠を摂るためには仰向けではなく、右側を下にした横向きが良いと言われています。



私も以前はそれで寝ていたのですが、右側の腕がしびれるようになり、それからは気を付けるようになりました。

ぐっすりと眠るためにも、睡眠時にもいろいろと工夫が必要なのだと感じています。

 
カテゴリー: 腰痛